小学校受験で役立つであろう情報を紹介します

不登校や学級崩壊、学力低下などの問題が近年言われ続けており、言われれば言われるほど小学校受験の熱は高まる一方です。長期的な不景気でありながら、小学校受験を目指す人は横ばいを維持していることからも、小学校受験に多くの人が力を入れていることがわかります。小学校受験の準備は受験の1年前からと言われており、その1年間で、受験したい学校の試験内容に合わせた勉強、訓練が行われるようになります。それは子供だけでなく親にも言える話であり、面接などでは子供より親の方が緊張するケースも存在します。小学校受験をする際に、どのようなことが必要となり、勉強以外にどのようなことをしていけばいいのか、こうしたことを数多く知っておくことで、いざという時に対応することができるようになります。

ペーパーテストがある方が対策しやすい

ペーパーテストの有無は対策を立てていくにあたり、とても重要な意味を成します。一見、それがない方がやりやすそうに思えますが、実際のところはペーパーテストがあった方が対策が立てやすく、ない方が難しくなっています。ペーパーテストを課さない小学校では、運動面や行動観察におけるリーダーシップなどを見られることになり、通常の受験対策とは別個のやり方が必要です。面接対策は、聞かれることこそ違うものの、だいたいは同じことを聞かれて、相手の質問を理解し、それを答えていく力が問われます。それはどの小学校でも同じですが、行動観察があると、面接で答えたことと違う光景が目の前に広がることがあります。面接で立派なことを言っても、行動観察の場で真逆なことになれば意味がありません。

早い段階から志望する小学校を決めてしまうことが大事

どこの小学校を受験するかで、受験対策は大きく変わっていきます。ならば、早い段階から志望する小学校を決めてしまえば、対策も立てやすく、それに向けて勉強や教育などをしていくことができます。学校の雰囲気はそう簡単に変わらず、校風からある程度のことを判断し、ここに通わせたいと思えるところに最初から絞ることができます。もちろん、親が行かせたいと思っても、子供にその気がなければ意味がありませんが、その気にさせるよう誘導させるのも親の役目と言えます。行動観察を課すところであれば、そうしたことを教育してくれる幼児教室を探す、ペーパーテストであれば親と子供が一緒になって解くなど、戦略を立てて行動することが求められ、早ければ早いほどいい効果を出すようになります。

最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 不景気や少子化にも関わらず、小学校受験をする家庭の数は伸び続けています。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 小学校の受験対策にも伸芽会